債権回収と弁護士について

債権回収という言葉を耳にすることがありますが、これは企業や有権者にとって非常に身近に感じる法律問題となっています。また弁護士はたくさんの依頼を受けるようになっていますが、そのたくさんの依頼の中でも非常に多くなっています。全ての取引に関して現金でその場で行っていると言う時にはとくに問題にはなりませんが、仕入れ代金や工事代金など後から代金を支払うというような取引が、現在では当たり前のように行われています。

これらの売掛金やまだ回収していないお金をまとめて債権と呼んでいます。そしてその支払いを受けることを債権回収といいます。債権回収に関しては基本的な流れがあります。ここで基本的なことは滞納をしないでしっかりと支払を行ってもらうと言うことです。したがってあらかじめ取引先の経済力や業績などをしっかりと確認しておく必要があります。

そして少しでも支払いが遅れたと言うときには、慎重に対応をしていくようにします。滞納が続くという場合には今までと同じように請求を行っても効果を期待することができません。そこで弁護士からの請求や内容証明の郵便を送るという方法が行われます。弁護士を利用する際のメリットとしては、やはり強いインパクトがあるということです。

裁判などの法的措置をとられる可能性も高くなります。すぐに支払ができないという場合には、公正証書を作成して強制執行のための準備をしたり担保を取ることができます。このように弁護士に依頼するメリットはたくさんあります。

弁護士にはさまざまな依頼が来るようになっていますが、その中で企業から受ける依頼の中で多くなっているのが債権回収に関することになります。これは企業にとって身近な問題となっています。弁護士に債権回収の問題解決の依頼をする際には、いくつかのメリットがあります。それは相手への強い印象を与えることができます。また回収のためのたくさんの知識や手段を利用することができます。

民事保全や訴訟や強制執行などの法的手続きを進めることもできます。このほかに弁護士に依頼をするメリットとしては、回収や交渉にかける労力や時間を短縮することができます。滞納の改善が見られないときに、いつも顔を合わせている当事者が直接相手に請求をするよりも、法律や裁判の専門家が請求を行う方が相手に対するインパクトが強くなります。

また債権回収のためにさまざまな知識や手段を持っています。したがって事案に応じて一番適切な方法を選ぶことができます。そして法律の専門家ということで、最終的には法的手続きを取ることができます。話し合いで解決することができない相手から強制的に債権回収を行うためには、民事保全や訴訟や強制執行などの法的手続きを行うことが有効です。

とくに民事保全に関しては、専門家に依頼をしないと適切に行うのが非常に難しくなります。司法書士や行政書士が依頼を受けると言うことがありますが、行政書士は代理人として交渉や訴訟手続きを行うことができません。司法書士も簡易裁判所での訴訟手続きしか代理できないので、手続きや問題解決を最後まで一括して代理する事ができるのは弁護士のみとなっているので、効率的に問題を解決することができます。
posted by actiongrafix at 02:26| 法律事務所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする